大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

定期チェックと定期クリーニングについて

虫歯・歯肉炎・歯周病の原因のひとつは、歯垢(汚れ)であるとよく言われますが、
歯垢(汚れ)が成熟すると細菌が集団になった「バイオフィルム」となります。
バイオフィルムは歯の表面だけでなく、お口全体に住み着くことができます。

正しいケアをし、バイオフィルムが悪さをする前に必要なエサ(歯垢)の量を減らす事と、
定期的な医院でのクリーニングと歯ブラシ交換によるバイオフィルム除去が大切です。

通常、歯ブラシだけだと約4割もの汚れが残ってしまうので、
歯ブラシだけで予防をするのは、ほぼ不可能と言えます。
また、ブラッシングが可能な歯の表面積はお口全体の約25%にしかすぎず、
残りの75%には歯ブラシはほとんど当たりません
なので、ご家庭での歯ブラシを過信せず、

「定期チェック」と「定期クリーニング」を行うことがなによりも大切です。

低年齢からケアをしっかり行う事で虫歯・歯周病になりにくい口腔環境を目指しましょう。