大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

シーラントって何?

奥歯には「小窩裂溝」とよばれるくぼみや溝があります。
とくに、生えたばかりの未熟な歯は、小窩裂溝が複雑で、虫歯になりやすいのです。
では、なぜ生えたばかりの歯はくぼみや溝が深くて複雑なのでしょうか?
それは、上下の歯が咬み合わないため、歯のすり減りがほとんど起こらないからです。このむし歯になりやすいくぼみや裂溝を樹脂でふさぐことで、むし歯の予防や進行の抑制を目的として開発されたものがシーラントです。
咬み合う面(咬合面)の小窩裂溝は乳歯に比べ永久歯のほうが深いため、より効果が高いと言われています。

乳歯でも永久歯でもシーラントによるむし歯の予防効果が期待できます。時に生え始めてからの2年間は咬み合う面の溝が深いため、シーラントの効果が高いと言われています。

とくに、永久歯の6歳臼歯(第一大臼歯)はむし歯になりやすく、上は内側の溝が、下は頬側の溝が虫歯になりやすくなっています。

生えたばかりの歯はスポンジのように軟らかく、酸に対する抵抗力(対抗力)が非常に弱い反面、さまざまな、ミネラルを吸収する力をもっているので、シーラントはより有効です。

シーラントの具体的な方法は、くぼみや溝の部分をしっかり掃除し、樹脂材で埋め込みます。
簡単で子どもへの負担も少ない予防処置といえます。

シーラントの色は、多数存在しますが、基本的には白がベーシックです。

また、ひとくちにシーラントと言っても、術者の技術によって差はでます。なるべく多く盛りすぎず適量でシールできるとより予防効果が発揮できます。

シーラント後は、ゆっくりとフッ素イオンが歯に染み込むようになっています。そのため、くぼみや溝だけでなく、その周囲の歯質の耐酸性(酸に対する強さ) も期待できます。
また、新しいシーラント材ほど、隙間からむし歯になりにくくなっています。

シーラントをすれば、「毎日の歯磨きは必要ないのでは」と考えるのは大きな間違いです。
予防されるのは、最もむし歯になりやすい歯の溝だけであり、
あくまでも、歯の溝を封鎖し、最近の侵入を防ぎ、最近の栄養となる糖質の供給を断ち切ることで酸による脱解を止め、さらにはフッ化物の効果を利用して再石灰化を促す中での、一連の過程であり、
複雑なくぼみや溝を樹脂でふさぐことの意味は、歯磨きをしやすくすることであり、歯磨きをしなくてよいということではありません。

歯磨きと定期的なクリーニングの習慣が身についてこそ、シーラントの効果が発揮されます。
歯磨きや定期的なクリーニングを行わないと、シーラントの周りに汚れ(プラーク)が溜まり、固まり(バイオフィルム)がつくられ、酸による脱灰が起き、 シーラントされている部分は守られていても、その周りから虫歯になってしまいます。

いずれにしてもシーラントで守られるのは一部分であり、虫歯のリスクは下がるとはいえ、やはり定期的なクリーニングや歯ブラシはとても大切です。

年齢や口の中の環境によってシーラントの実施時期は異なります。定期的に歯科医院を受信し、相談しましょう。