大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

お子様の歯みがきデビューはガーゼから!

みなさん、こんにちは。大田区田園調布にあります小児歯科abcdentalの西村です。

 

今年に入り、赤ちゃんの口腔ケアについて立て続けにご質問いただきました。

 

赤ちゃんの歯が生え始める時期はだいたい生後6ヶ月くらいで下の前歯から生えてくることが多く、それと同時に離乳食をスタートさせるのが一般的ではないでしょうか。

つまりは、この時期からいよいよ赤ちゃんのためのお口の健康管理が始まるということでもあります。

 

歯が生え始めると、赤ちゃんがパパやママのご飯を食べる姿にも関心を持ち始め、お口からも大量のヨダレが出てくるようにもなります。

ちなみにこのヨダレ、マイナスなイメージもあるかと思いますがとんでもありません。お口の中では唾液と呼びますが、さまざまな抗菌物質や歯を強くしたり歯が溶けにくい環境を作ったりするお口の中のガードマンとしての役割も担っていることをご存知でしたでしょうか。お子様の唾液の分泌をうながしてあげることもむし歯予防には大切なことなんですよ。

 

話はもどりますが、赤ちゃんの歯みがきのスタート時期はこの下の前歯が生え始めたころからになります。

そこで気をつけて頂きたいことは、私たちと同じように歯ブラシでブラッシングをすると赤ちゃんのやわらかい歯ぐきまで傷をつけてしまうかもしれないということです。

そこで、まずはガーゼ歯みがきから始めてみてはどうでしょうか。

 

・ガーゼ歯みがきのやり方はこちらです

①お母さんのおひざの上に赤ちゃんをお膝の上に寝かせます。

②お母さんのひとさし指にガーゼを巻いて人肌程度のぬるま湯に浸します。

③赤ちゃんの歯を優しく拭いていきます。

 

これを基本的には大人と同じように食後に行うようにします。

就寝前のタイミングも含めて一日に3~5回程度行えるといいですね。

 

注意点もあります。

・歯ブラシと同じような感覚で、ガーゼで「こする、磨く」のではなく、お口の中の汚れを「ガーゼにしみ込ませる、清潔にしてあげる」というイメージでおこなってあげてください。

・嘔吐反射を起こす可能性もあるためあまりお口の奥まで指を入れないようにしてください。

・上唇の裏側の中央にあるスジ(上唇小帯といいますが)を傷つけないように気をつけましょう。

 

ただ、一方で歯が生えた段階から歯ブラシによるブラッシングが良いという考え方があるのも事実です。

早い段階で歯ブラシに慣れさせたいというのであれば歯が生え始める前からガーゼで歯ぐきを拭いてあげるなどしてお口の中の刺激にお子様を慣れさせてあげることも必要です。

こうした刺激は虫歯予防にもつながる唾液を多く出す方法の一つでもあります。

 

そして、歯みがきをスタートさせたら、「歯みがきに慣れさせてあげること」が何よりも大切になります。お子様の歯みがき習慣をしっかり定着させるためにも、嫌いにならないようにやさしくブラッシングをしてあげてください。

 

赤ちゃんやお子様のお口の健康管理についてのご質問、ご相談などございましたらお気軽にabcdentalまでご連絡ください。