小児矯正ブログ(院長ブログ)

矯正って何年くらい続けるものなの?

質問がありました

子供の小児矯正を考えております とはいえ、 矯正治療は長くなる とも聞いております 色々な歯科医院のHPを見て確認しましたが 矯正期間については、 医院ごとに違う意見なようです 実際に、子供の小児矯正を始めるにあたって、 大体どのくらいの期間を考えておけば良いでしょうか?
こんな質問がありました

結論

正直、矯正期間は、症例次第という感じですが、
成人矯正だと大体2〜3年と言われています とはいえ、あんまりエビデンスはなく、
正確には、症例次第になってくるとは思います 特に、小児矯正の方が、成人矯正よりは長くなりがちです(小児矯正は成長発育を利用するため)

解説

成人矯正は矯正期間を短くできる?

正直なところ、成人矯正は、すでに永久歯が全て生えており
今後の、顎の成長もなく
抜歯等をおこなってスペースを作ってスタートするため
割と、治療計画通りに進む可能性は高い治療方法だとは思います
とはいえ、2〜3年単位の長期間にはなるので、
想定外のことが起きれば、期間は伸びる可能性は十分にあります
また、歯を無理やり動かして歯並びを治すため、治療期間は短くできても、保定期間(整った歯並びを維持する期間)が長くなるというデメリットもあります
矯正の先生によっては「保定期間(整った歯並びを維持する期間)は一生です」という先生もいます

小児矯正は治療期間が長くなる?

成人矯正に比べて、期間が長くなる可能性はやはりあります
特に、小児矯正は、成長発育を利用して、
成長を正しい方向に向けることで、歯並びを治す治療方法なので
すぐに治すことは、治療の特性上難しい治療方法ではあります
実際の矯正期間は2〜3年は超えてしまうことが多いとは思います
abcdentalで小児矯正を行なったお子さんで、最短で治った方が1年半ではあるので、ほとんどの方がやはり2年以上は超えてしまうのかな?と考えております
最も長い方で、5〜6年を超えている方がいます(少数ですが)
ただ、
逆に、成長発育を利用することで、なるべく抜歯せず、後戻りを少なく、自然な形で治せるためそれがメリットではありますので何事にも長所短所はありますね

まとめ

期間を短くしたい場合は、成人矯正がおすすめです(絶対に短くなるわけではない)
歯を抜かずに、後戻り(矯正後歯並びが戻る)を防ぎたかったら、やはり小児矯正が向いています(絶対ではない)

以上、参考になることがあればうれしいです

以上、参考になることがあればうれしいです

-小児矯正ブログ(院長ブログ)