小児矯正ブログ(院長ブログ)

指しゃぶりは何歳までにやめたら大丈夫?

「指しゃぶりがなかなかやめられないけど、大丈夫ですか?」

「指しゃぶりは歯並びに影響がでますか?」

日常的な指しゃぶりの影響を、不安に思ったご家族からの相談をよく聞きます。

指しゃぶりは、歯にどのような影響を与えるのでしょうか。

何歳までにやめれば、大丈夫なのでしょうか?

わかりやすく解説していきます。

■指しゃぶりで歯並びが悪くなる理由

指をくわえることで、上の前歯は前に引っ張られるような形になります。

同時に、下の前歯は後ろに押されるような力が加わります。

歯に隙間があいたり、歯並びがずれてしまう原因になるのです。

指しゃぶりをしているお子さんは、大人が思っているよりも強い力で指を吸っています。

長い時間、強い力で指を吸っていると、歯並びだけでなく、あごや顔の形にも影響を与えてしまうのです。

 

■0~3歳までの指しゃぶりは歯への影響が少ない

指しゃぶりは、お母さんの胎内にいるころからしているって、知っていましたか?

妊娠14週ころから口に手を持っていき、24週には指を吸う動きをしています。

1歳くらいまでのお子さんは成長のために、必要な行動です。

1歳を過ぎてくると、昼間の指しゃぶりは減り、眠いときや退屈なとき、不安な時に見られるようになります。

常に、指しゃぶりをしているのでなければ、心配する必要はありません。

0~3歳までの小さなお子さんの指しゃぶりは、成長・発達に欠かせません。

特に、口の周りの成長や心の安定に必要ですので、無理にやめさせなくても良いでしょう。

 

 

■4歳過ぎの指しゃぶりは歯並びへの影響が心配

3歳検診の頃には、10~20%のお子さんが指しゃぶりをしています。

けれども、4歳を過ぎると多くのお子さんが指しゃぶりを卒業しています1)。

大きくなってからの指しゃぶりは、より力も強くなり、歯並びやかみ合わせ、発音や飲み込み、口元やあごへの影響を与えやすくなります。

そのため、4歳の誕生日ころを目安に、指しゃぶりが卒業できるのを1つの目標にしたいですね。

 

 

 

■心配なときは、abcdentalにご相談ください!

「指しゃぶりが原因で、歯並びが悪くなっていないか心配」

「このまま指しゃぶりを続けていると、歯並びが悪くなってしまわないだろうか……」

お子さんが指しゃぶりをする様子を見ていて、不安に思われることもあるでしょう。

 

指しゃぶりがお子さんの歯並びや、顔まわりの発達に影響を与えているかは、ご家族だけでは判断が難しいのも事実です。

ごくまれにですが、早めに指しゃぶりを卒業したほうがいいお子さんがいます。

歯科医師や小児科医の正しい指導のもとで、早い時期に指しゃぶりを卒業することで、歯並びやあご・顔まわりの成長への影響だけでなく、心への影響も最小限にすることができるのです。

小児専門の歯科医院abcdentalは、指しゃぶりに悩むお子さん・ご家族のサポートに力を入れています。

お子さん一人ひとりの個性や、生活スタイルに合わせた指導をおこなっています。

お子さんの指しゃぶりに悩んでいる方は、ぜひ一度、abcdentalへご相談ください。

 

お問い合わせについてはこちらから abcdental お問い合わせフォーム

ネット予約はこちらから abcdental ネット予約

 

 

 

<参考文献>

1)指しゃぶりについての考え方 小児科と小児歯科の保健検討委員会 小児保険研究 第65巻 第3号,2006(513~515) 

 

 

-小児矯正ブログ(院長ブログ)
-, ,