大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

虫歯の治療に使うマスク(ラバーダム)

マスク(ラバーダム)はラバー状のシートに穴を開け歯だけをだした状態で診療を行うことで、 舌・頬などの軟組織の保護、薬剤の飲み込み防止、汚染防止、他たくさんのメリットがあります。

号泣し口呼吸となった場合には、 水が喉に流れ呼吸困難となることも防ぐことができます(マスクをしていても口呼吸は可能)。

また、舌を無理やり抑えられないで済むので、お子様の負担が減る等、 治療の質の向上・安全確保に大きな役割を果たします。

虫歯の出来ている位置または歯形状の個人差によっては留め金がかかる位置の都合上 歯肉が赤くなったり、炎症が起きている歯肉は出血したりする場合がありますが ご容赦下さい。

ただし、マスク(ラバーダム)が必要のない処置や、上記のリスクがご心配な方にはおすすめ致しません。