大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

体の固定について

お父様やお母様のお顔を見ながら安心して治療を受けたいというお子様は、
保護者の方と一緒に治療台に上がることができます。
特に治療が苦手なお子様の場合、急に手や足、
体が動いてしまうと口腔内および体にお怪我をしてしまう可能性が高くなるため、
歯科治療を行う際には体や顔が動かない事が安全上必要不可欠となります。
お体の固定方法としては
「保護者の方が治療台に上がりしっかりと手を握っていただく方法」「抑制ネットの使用」があります
またご妊娠中のお母様や保護者の方がお子様を抑えてあげられない場合に
スタッフが手を添えお手伝いする方法などの抑制治療があります。

保護者の方に抑えてもらう場合は、手をはなしてしまうと、
その拍子にお子様が動いてケガをしてしまうことは防げない場合がございます。
(また、全てを万全に準備して治療を行っても、お子様の体動により、ケガや事故等が防げない場合がございます。また、それらのケガや事故のリスク等がご心配な方は治療はおすすめいたしません。)

特に小さなお子様は抑制治療後、稀に体力消耗による発熱・夜泣き・顔面の紅潮等の状態が現れる場合があります。

ご心配な方は一度担当歯科医師とご相談ください。