大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

6歳臼歯のむし歯予防

こんにちは。
大田区田園調布にあります小児歯科abcdentalのDA臼居です。

第一大臼歯は6歳頃から生え始めることから6歳臼歯とも呼ばれています。しかし、

発育のはやい子どもでは5歳頃から生えてくる場合もあります。

ほかの永久歯に比べ、著しくむし歯になりやすい特徴があります。
その理由として、歯の溝が深いことや、乳歯の奥に生えるので保護者が気づきにくいこと等が挙げられます。

仕上げ磨きをするときや、食事のときに奥歯の生え方をチェックすることが大切です。
特に生えはじめはむし歯になりやすいので注意しましょう。
むし歯予防として定期的にお子さまのお口の中の状態を歯科医院でのチェックをするのがおススメです。