大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

6歳臼歯の虫歯予防

こんにちは。

大田区田園調布にあります小児歯科abcdentalのDA原です。

 

6歳頃に生えてくる「第一大臼歯」は「6歳臼歯」とも呼ばれ、

他の永久歯に比べとても虫歯になりやすいという特徴があります。

その原因として

1、歯が生えはじめてから歯が噛み合うまでの期間が他の永久歯に比べて非常に長いこと

2、歯が生えはじめても、歯肉が覆い被さっている時間が長いこと

3,生えはじめは手前の歯と高さが違うので、歯ブラシが当たりにくい

4、歯の溝が深いこと

5、乳歯の奥に生えるので保護者の方が気づきにくいこと

などがあげられ、咀嚼による自浄作用が働きにくく、歯磨きによる清掃が不十分なため虫歯になりやすいのです。

特に下顎の6歳臼歯を虫歯にすると、長い年月をかけて治療が繰り返されることで

最終的には歯を失ってしまう割合が高くなります。

そして下顎の6歳臼歯を失うと続いて奥隣りの失うことになり、さらに上顎の奥歯が噛み合わなくなるため、上顎の奥歯が順になくなるのです。

将来の歯の喪失を防ぐためにも下顎の6歳臼歯を虫歯にしないことが大切です。

そのためには

1、仕上げ磨きする

6歳臼歯は一番奥に生えてくる歯のため、歯ブラシが届きにくく、歯みがきしにくいです。噛み合わせの凹凸も複雑なので、汚れもたまりやすく、汚れもとりにくいです。そのため、虫歯にもなりやすいです。6歳臼歯が生えてきたら、仕上げ磨きに力を入れるといいかもしれません。

2、シーラントをする

奥歯の溝などは、歯ブラシで完全にきれいにするのが難しい場所です。 そのため虫歯になりやすい場所です。 ここを、虫歯にならないように予防するのが「シーラント」です。 歯の溝をプラスチックで埋めて、食べ物が詰まりにくくするものです。

3、フッ素を塗布する

フッ素とは歯の再石灰化を助け、虫歯をできにくくする成分です。フッ素を塗布することで人工的に歯質を強化できます。また、フッ素には虫歯菌の増殖を抑える力もあるため、虫歯予防におすすめです。

4、歯医者さんにいって定期検診を受ける

歯医者さんでのクリーニングが必要な一番の理由は、自分で落としきれない歯垢や歯石を落とすためです。そのまま放置していると虫歯や歯周病の原因になるからです。最低3か月に一度は歯医者さんでクリーニングをするといいかもしれません。

 

6歳臼歯は一生使っていかなければならない歯です。毎日のケアや、歯医者さんに通いお子様の歯を守っていきましょう。
気になることがあれば、ぜひ遠慮なくご相談ください。