大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

【低年齢からのマウスピース矯正】は お子さんの将来の負担を減らします

幼稚園くらいの低年齢のお子さんの様子を見ていて

「顔がゆがんで、いびつになっているかもしれない」

「なんだか、かみ合わせが悪いかも」

「いつも口があいて、口呼吸になっている」

そうお気づきになる親御さんもいらっしゃるでしょう。

 

abcdentalではそういったご家族に

低年齢からのマウスピース矯正をおすすめしています。

 

 

 

 

現代の子どもの歯並びの問題

 

現代の子どもの歯並びは、昔よりも格段に悪くなっています

小顔の子どもが増え、顎が小さくなっても歯の大きさが変わらないため、

どうしても歯並びが悪くなってしまうのです。

 

その大きな原因は、かまない食生活や口呼吸などの生活習慣の問題が多く

一度ついてしまった癖は日常生活の注意だけでは、治りにくいのです。

 

 

歯並びが悪くなり、口呼吸が習慣になると、

ずっと口が開いているため風邪を引きやすくなります。

口が開いていることで、唇の力が弱くなり、

さらに噛み合わせや歯並びが乱れます。

 

集中するときには鼻呼吸のほうが良いといわれていて、

口呼吸のお子さんは集中力が長く続かない

学習面でも影響が出やすいなどデメリットが多いのです。

 

 

マウスピース矯正のメリットは?

 

『矯正』というと、大がかりで痛みを伴う印象をお持ちになるでしょう。

マウスピース矯正は、他の歯科矯正よりも痛みが少なく

『悪い癖を治し、歯並びをよくする』

『大きくなってからの矯正の負担を減らす』ことができます。

『不正咬合の根本的な原因に対してアプローチし、後戻りを防ぐ』

『顎顔面の正しい成長を促せる』といったメリットもあります。

 

マウスピース矯正を早い時期から始めることで

歯並びだけでなく 顎や顔の形も整った状態で

大人へと成長していくことができますので早めの治療開始がおすすめです。

 

 

マウスピースはいつ使用するの?

 

マウスピースは自宅にいる時間だけ装着します。

マウスピースを使用することで正しい成長を促し、

間違った舌の位置や

口呼吸など歯並びを悪くしてしまう筋肉の使い方を、

早い時期から修正していきます。

 

 

低年齢で始めるメリットは?

 

3-5歳の早い時期からマウスピースを使うことで、

口の周りの筋肉を正しく使うことができるようになります。

顎の成長発達がよくなるため、

顔や顎のゆがみも減らすことができます。

 

 

お子さんの生活習慣や個性、

悩みに合わせてご自宅のみで治療をすすめられることが、

この治療の最大の魅力です。

 

abcdentalではお子さんの問題に合わせて、治療をすすめています。

小児専門で治療経験が豊富なabcdentalに、ぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせについてはこちらから abcdental お問い合わせフォーム

ネット予約はこちらから abcdental ネット予約