大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

お口ぽかんは歯科で治す。早期治療で学力と免疫力もUP

お子さんがお口をぽかんと開けている様子、気になりますよね。

「何で閉じないの?」「大丈夫なの?」と気にされる

親御さんからの相談が、当院でも増えています。

 

お口ぽかんの原因は、口の筋肉の発達不良や口呼吸・舌の位置など。

 

お口ぽかんは小児矯正歯科での治療適応で、

当院では舌の位置に注目し治療にあたっています。

 

なぜ舌の位置が重要なのか、

お口ぽかんの原因と治療法をわかりやすく解説していきます。

 

増えてきた「お口ぽかん」の子どもたち

 

最近の研究では、お子さんの約30%が「お口ぽかん」と呼ばれる状態で、

昔に比べ増えていることがわかりました。

 

本来、舌の位置は上前歯の裏側 上あごに先端がくっつくくらい前にあるのが正常です。

 

舌の位置が悪い状態、通常より奥に舌がある「低位舌」になると、

下前歯の裏側に舌がくっつくようになります。

舌の位置が後ろに下がってしまうので、気道が狭くなってしまいます。

 

そのため息がしにくくなり、

口を開けて息をするので「お口ぽかん」になってしまうのです。

 

他にも、口や舌の筋肉の動きが滑らかではないので滑舌が悪くなります。

食事の際に口が開くのでクチャクチャ音を立てたり、

むせやすくなったり、いびきをかくようになります。

 

口呼吸になるため乾燥してドライマウスになったり、

邪も引きやすくなったりと、あまり良い影響はないのです。

 

お口ぽかんは学力にも影響する 

低位舌はお口の中の環境だけでなく

お子さんの発達と健康にも影響を及ぼしてしまいます。

 

お口ぽかんのお子さんはどうしても口呼吸メインになります。

口呼吸は鼻呼吸に比べると、集中力が低下すると言われています。

 

夜間、低位舌による口呼吸はいびきの原因にもなり、

睡眠が浅くなるので日中の集中力にも影響を与えます。

 

 

集中力の低下は学力にも直結しますし、

精神・心理面の発達にも影響を及ぼしてしまうのです。

 

適切な治療がお子さんのさまざまな問題を解決する

 

お口ぽかん、低位舌の原因は舌や口の筋肉の発達不良や舌の位置の悪さです。

親御さんが「お口を閉じなさい」とお子さんに意識させるだけでは、

症状の改善は難しいのです。

 

そのため当院では、小さなお子さんでも継続可能な

マウスピースを使用した治療方法を採用しています。

マウスピースの装着は日中の短時間や、夜間おうちにいるときだけでOK。

毎日を装着することで

正しい舌の使い方、飲み込み方を簡単にトレーニングできます。

 

舌の位置が正しい位置に戻ると、少しずつですが体の不調も整ってきます。

 

さらに、早い時期に治療を始めることで、歯や顔の歪みを防ぐこともできるのです。

 

お子さんの学力やだけでなく、

精神・心理面への影響を最小限にするためにも、

早めの小児矯正歯科での専門的治療をおすすめしています。

 

 

負担のない治療で綺麗な口元に

 

当院のマウスピース治療であれば、お子さんに負担や痛みもありません。

少しずつ自然にお口の機能を改善し、

お口ぽかん・低位舌を治しすことができます。

 

治療は気づいたとき、早めに行うことが大切です。

お口ぽかんが気になるときには、ぜひ一度当院にご相談ください。

 

お問い合わせについてはこちらから abcdental お問い合わせフォーム

ネット予約はこちらから abcdental ネット予約