大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

反対咬合の治療はなぜ早い方が良いの?

「かみ合わせが悪い」「しゃくれている」という症状に代表される
下の前歯が上の前歯よりも前に出ている『反対咬合(はんたいこうごう)』
お子さんの治療件数が増えてきています。

反対咬合の早期発見・早期治療は
お子さんの綺麗な歯並びと骨格づくりのためにも大変重要です。

今回は反対咬合の原因と治療をわかりやすく解説していきます。

 

反対咬合は何が原因でおきるの?

反対咬合の原因は大きくわけると、3つに分類できます。

1つは「遺伝的要因」で、上下の顎の大きさなどが合わない状態です。

この場合は遺伝なので何もしなければ
親御さんと同じような、反対咬合に成長していきます。

 

2つめは「骨格的な発達の問題」で、

上顎に対して下顎が大きくアンバランスに成長してしまうことが原因です。

 

3つめは「顎の成長期・生え変わりの時期の癖」です。

舌の位置が悪いと、下の歯を前に押し出してしまうことが多くなり、
しだいに歯並びが悪化します。

長い時間がたつと、歯並びだけではなく下顎が前に出てしまいます。

後天的な習慣や癖で、反対咬合の状態になってしまうのです。

 

 

反対咬合はお子さんの成長・発達に悪影響を与える

 

反対咬合にならず、大人になっていく人も少なくありません。

しかし、反対咬合は見た目が悪いだけではなく、
お子さんの成長・発達にも大きな影響を与えます。

噛み合わせが悪いため、食べ物をうまくかみくだくことができません。

下顎が出ていて、口を閉じにくいため発音が不明瞭になりやすく
コミュニケーションに影響を与えます。

歯並びも悪くなるので、虫歯や歯周病のリスクもあがります。

さらには、噛み合わせが悪いと骨格の歪みを引き起こし
姿勢が悪くなったり、頭痛や肩こりの原因になることも考えられます。

 

これらが複雑にからみあい、睡眠不足や集中力の低下
さらには学力まで影響を与える可能性があります。

そのため小児歯科医はお子さんの成長・発達への影響を最小限にするために、
早い段階からの治療をおすすめしているのです。

 

放置し続けると治療が難しくなることも…

反対咬合の原因を適切に判断し、当院ではお子さんにあった治療をすすめています。

骨格的な問題や歯並びが問題であれば
歯並びを矯正することで受け口にならないようにしていきます。

噛み合わせを正常にするために、マウスピース型の矯正器具を使用します。

 

このマウスピース型の治療であれば
夜間装着するだけで十分な治療効果をあげることができます。

上顎の成長が悪く、下顎とのアンバランスが原因で反対咬合になっている場合は、
上顎を大きく広げるためのマウスピースを装着します。

ゆっくりですが骨の成長とともに上顎が発達し
すこしずつ反対咬合が改善されていくのです。

 

これらの治療方法は成長期のお子さんの
骨格が発達する力』を利用した治療方法です。

反対咬合を放置し大人になってしまうと、その根治は格段に難しくなります。

骨がすでにできあがっているので、マウスピースでの治療は難しく、
一か月ほど入院し、顎を移動させる大がかりな外科手術を行う場合もあります。

 

顎のやわらかい低年齢のうちから
マウスピースを使って治療していくことが
お子さんに負担なく治療をすすめる秘訣とも言えるのです。

 

 

お子さんと相談しながら、負担のない治療をすすめています

お子さんの歯並びを気にされ、当院を受診される親御さんは後を絶ちません。

当院ではお子さんの歯並びや生活習慣などから
お子さんと相談しながら
負担なく続けられる治療方法を一緒に考えていきます。

 

 

反対咬合や歯並びなど歯に関するお悩みは
できるだけ早く治療を開始することが
お子さんの将来のためにも大変重要です。

ぜひ一度、小児歯科専門の当院にご相談ください。

 

お問い合わせについてはこちらから abcdental お問い合わせフォーム

ネット予約はこちらから abcdental ネット予約