小児矯正ブログ(院長ブログ)

大人のインビザラインと子どものインビザラインって何か違うの?


質問がありました

子供の歯並びを治すために、色々調べていたところ
「インビザライン」という装置があることにたどり着きました
ただ、調べていくと
医院によっては、大人用という感じで書いてあったり
別の医院では、子供の時からインビザラインで
と書いてあったりして、混乱しております
また、どうやら知り合いに聞くと、インビザラインの中でも色々種類があるようで
さらに混乱しております
この辺りをわかりやすく教えてもらえませんでしょうか?



こんな質問をいただきました

結論

結論からいきますと、
インビザラインには確かに種類があります

ただ、ここで
全部を解説だと複雑になってしまいますので
ざっくりと大分類に分けて解説していこうと思います

分類はわかりやすい言葉にしているので
実際の商品名とは異なる場合があります

詳しくは、
開始される歯科医院で聞かれることをおすすめします

インビザラインの分類

大人用

通常のフルパッケージ版

【通常のフルパッケージバージョンのインビザラインです】
現在は「コンプリヘンシブ」
昔は「フル」と呼ばれていました
インビザラインの最も基本的なタイプであり
最も値段が高いタイプのものになります
特徴としては、5年以内の作り替えは少額かほぼゼロで済むところと
上記の理由から歯並びを動かすにあたって自由度が最も高いため
基本的にはこのプランで治すことをおすすめします
(これ以外のプランはよくトラブルになることが多いようです)

作れる装置の個数に制限があるライト版

【インビザラインのライトバージョン】
上記の、制限版になります
具体的には作れる個数に限りがあるため、
歯を動かす量にも限りがあります

歯を動かした後、
気になる箇所が出てきても
そこから動かすことはできないことが多いです

正直、このプランがあるため、ややこしくなっている、と思います
この辺りのプランからトラブルになる確率はUPするイメージです

さらに制限のあるスーパーライト版

【インビザラインのスーパーライトバージョンです】
上記をさらに制限したものになります

基本、ほとんど動かせないため、
「なぜあるのか?」が非常に疑問なプランです

いずれにしても、
基本的に、「一番値段が高い」タイプが、通常になりますので
「値段が高い=最高級」ではなく
「値段が高い=通常」というのが
誤解されやすい点なのかな?と思います

「コンプリヘンシブ」タイプを選択しておいた方が
後のトラブルを防ぐことができると思います

子供用

インビザラインファーストを使うパターン

【インビザラインファースト】
前はインビザラインティーンズと呼ばれていた気がします
現在は、インビザラインファーストと呼ばれています

歯の生え変わり時期に使用するのがベストではありますが
基本、普通のインビザラインと機能的には変わりません

違うのは、保証期間で、
保証期間が現在、1年半と非常に短くなっています
正直、1年半でどこまで動かせるか?というところはあるので
基本、インビザラインファーストのみで全てを治すことは難しいと考えた方が良いかもしれません
(これだけで終わらせられる人も存在はする)

これも、期間が割と短いため、その辺りの説明が不十分だとトラブルになることが多いイメージです

大人用を子供に使用するパターン

【コンプリヘンシブを子供に適用したインビザライン】
これは、大人用のインビザライン
(とは言っても、大人用も子供用もインビザラインは機能的に違いはないのですが・・・)
もしくは、保証期間の長いインビザラインを使って、
子供の歯並びが生え変わる時期に、治療を開始するというパターンです

ファーストとの違いは、保証期間で、ファーストに比べて
歯を動かせる範囲が多いため、
インビザラインファーストよりは、仕上がりは綺麗にできます

とはいえ、
インビザラインファーストにも、2段階目のインビザラインが別料金で控えてますので
子供の生え変わり時期にどのインビザラインを選択するか?は医院ごとに特色が出ると思います
そこも含めて、開始前に歯科医院で相談できると良いのかな?と思います

まとめ

インビザラインは非常に優秀な矯正装置の一つではありますが
インビザラインという名称での装置が複数種類あるため
かなり複雑でわかりづらくなっているところは困ったところです
そこも含めて、小児矯正や矯正開始前に、歯科医院で相談できると良いのかな
と考えております

また、インビザライン以外の、似たような
こういった透明なマウスピースタイプのものに関しては

値段が安いものであると、結構トラブルの話を聞きますので
安いタイプの装置を選択する場合は
開始前に歯科医院とよく相談した方が良いかもしれません

-小児矯正ブログ(院長ブログ)
-,