大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

コンセプト

歯医者さんに通わせるのは学習塾に通わせることと同じ!?

「むし歯が出来たから歯医者に通わせればいいんじゃないの?」

このように、多くの親御様からご質問を受けることがございます。
もちろん、その通りです。むし歯が出来てしまった後では、そのまま放置するのではなく、早急に治療をしなければなりません。
ただし、当院は「小児予防歯科」という考え方を中心に診療を行っております。

予防というのはつまり、「むし歯にならない習慣」「歯並びが悪くならない習慣」をつけるということです。
つまりお子様のお口の健康にとって良い習慣をつけることが、小児予防歯科では大切な考え方になってくるのです。

その良い習慣をつける1つとしては、定期的に歯医者さんに通うということも含まれます。
当院では小児予防歯科の専門として歯科医師とスタッフが常駐しておりますので、
お子様にとってよい習慣を小さいうちから付けるサポートをさせて頂きます。

例えば、むし歯にならない習慣をつけるために、適切な歯磨きの仕方やフロスの使い方をアドバイスするだけではありません。
そもそも、なぜむし歯になってしまうのか?
お菓子や飲み物をどのようなものにしたり、お子様に与える頻度のアドバイスなども行う事で、
根本的原因から解決する方法をお伝えします。それは歯並びも同様です。

一般的に歯並びは遺伝的要因が主だと言われておりましたが、
近年の報告によればお子様の習慣も影響している可能性が高いということも言われております。
代表的なもので言えば指しゃぶりなどが挙げられます。
またそういった習慣だけでなく、お子様の姿勢や呼吸も歯並びに影響を与えることがわかってきております。

つまり単に歯並びをよくするだけであれば、ブラケット(針金)矯正などをすればよくなりますが、
それでは根本的問題の解決にはつながりません。お子様のお口の健康をはじめとして、
そこから影響する姿勢や呼吸など身体全体に対する良い影響にもつながるようなサポートを当院ではさせて頂きます。

つまり、単にむし歯になったり、歯並びが悪くなったから歯医者に行く、というだけでなく、
そのお子様にとって良い習慣を身に付け、それが結果としてお子様の人生がより良いものになっていく事が重要だと考えております。
そういった意味で言うならば、お子様を学習塾に通わせたり、習い事をさせることと、
歯医者さんに通うという事は共通するものがあるのでは
、と考えております。

そういった部分では、小児専門歯科医院にしかないサポートであると考えております。
ただし、小児予防歯科で最も重要な考え方が「親御さんのサポート」です。親御さんのサポートなしには、
お子様のお口の健康を保ち続けることは出来ません。歯医者さんに通い続けること、自宅での正しいセルフケアを行うこと、
正しい方法で食事などを与えるという点では、親御さんのサポートが必要不可欠となります。

私たちは、お子様だけでなく、そのような親御様に対するサポートも重要と考え、様々な取り組みを行っております。
私たちと一緒に、大切なお子様のお口の健康を守っていきませんか?

ミッション

「子供のための予防歯科」として
お子様を入れ歯にすることなく、
一生自分の歯で噛める人生を
送っていただくことが私達の診療目的です。

治療の流れ
  • 初診カウンセリング

  • 唾液検査

  • 口腔内写真撮影

  • レーザーによる虫歯指数検査

    虫歯になる前に、健診で見落とされがちなリスクの高くなっている歯を発見することができます。

  • 歯の全体検査

    検査結果のご説明(わかりやすく用紙にまとめてお持ち帰り)
    治療計画のご提案
    治療開始(2日目以降)
    治療終了

  • クリーニング・フッ素・歯ブラシ確認

    3ヶ月後

  • 定期メインテナンス