大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

0~3歳の
お子さまのためのベビー歯科

~3歳までに歯医者に行った子はむし歯が少ない!?~

今のパパさん、ママさんが子どもの時には、
小さい頃から定期的に歯医者さんに通う子はまだまだ少なかったと思います。
しかしながら少しずつではあるものの、予防歯科についての関心が高まってきており、
小さい頃から歯医者に通わせている親御さんも多くなってまいりました。
「でも子どもは、いずれ大人の歯に生え変わるから、
別に子どもの歯のうちから予防をしても意味ないんじゃないの?」
と親御さんからご質問を頂くこともありますが、
実は大きく関係しているのです!

なぜならば、乳幼児の時に歯ブラシ、フロスなどのお口の中の清掃をする習慣、そして食生活などの習慣はある程度身につくからなのです。乳幼児のころからそのような良い習慣がついていれば、その後永久歯が生えてきた後でも、生涯を通じた歯の健康づくりに対する波及効果も高いと言われております。
 そのため、大切なお子さんがいつまでも健康な歯でい続けるためにも、3歳までの間に、

・正しい歯みがきやフロスの使用方法を学び習慣をつける
・歯医者さんに定期的に通う
・正しい食生活の知識を学び習慣をつける

という事が、なによりも大切になってくるのです。

1.間食のさせ過ぎには要注意!

ついつい子どもが機嫌を悪くしてしまったり、ご褒美でお菓子をあげたりジュースを上げることもあると思います。確かに全くなくすという事は難しいですが、あげすぎは禁物です!できれば、1日3回以内にするようにしていきましょう。

2.フッ素塗布

歯医者さんに通い、フッ素塗布をしてもらうことでむし歯予防など一定の効果があります。
定期的に歯医者さんに通うことで、むし歯が出来ていないのかのチェックをするとともにフッ素塗布をしてもらいましょう!

3.何よりも保護者の方のサポートが不可欠!

毎日、子どもに歯みがきをすることは、面倒な時もあると思います。しかしながら、毎日の仕上げ磨きなどの習慣を付ける事がなによりもむし歯予防に重要なことです! 毎日の継続がやがては大切なお子さんのお口の健康に繋がりますので、大変でも毎日仕上げ磨きをしてあげましょう!

このような事から、3歳までに歯医者さんに来る習慣をつける事が、将来のむし歯予防に大きく関与するのです。 大切なお子さんのお口の健康を守る為にも、一度お口の中を診させてください!