子供の反対咬合(受け口)は割り箸で治せる?自宅治療の危険性と正しい対処法

「 反対咬合(受け口) を割り箸を使って自宅で治す方法は症状がさらに悪化する可能性がありますので注意が必要です。子供の 反対咬合(受け口) を自宅治療した場合の危険性と正しい対処法についてご紹介します。」

みなさん、こんにちは!

東京都大田区田園調布にある小児歯科・矯正歯科専門の歯科医院「abc dental」の院長です。

いつもブログ・Instagram(@abcdental11)・Twitter(@abc_111_)を見ていただいてありがとうございます。

子供がなりやすい歯並びの一つに「反対咬合(受け口)」という症状があります。

下の歯が上の歯よりも前に出ている歯列になっており、見た目が気になるだけでなく、口が閉じにくい、滑舌が悪い、食べ物が噛みにくい、といった口腔機能にも悪影響を及ぼします。

ネット上には「反対咬合(受け口)」を割り箸を使って自宅で治す方法が紹介されていますが、自己流で行った場合、症状がさらに悪化する可能性がありますので注意が必要です。

今回は、子供の「反対咬合(受け口)」を自宅治療した場合の危険性と正しい対処法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

▽先読み!この記事で分かること

・自己流のトレーニングはリスクが高く危険

・骨格的な問題の場合は自然治療は難しい

・日常の悪い習慣を取り除くことが大事

・子供の反対咬合は早期治療がおすすめ

ご質問:反対咬合(受け口)は自宅で治せる?

Underbite Teeth -Face close-up, Side view

ご質問をいただきました。

ご質問者様:6歳の娘さんのお母様

娘の歯並びが反対咬合と診断されたため、子供のうちに治したいと思っています。

ネットの情報で割り箸やアイスの棒を使って自分で治す方法を見つけて、試してみようと思っていますが、本当に効果があるのかどうか、歯医者さんの意見を聞きたくて質問しました。

自宅で反対咬合を治す方法があれば教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

回答:自宅治療はリスクが高い!歯科医院に相談しましょう

質問に回答します。

結論から申し上げますと、子供の反対咬合の症状を自分で治すことは難しく、割り箸やアイス棒を使った自己流のトレーニングはおすすめできません。

おそらく、昔に行われていた棒を使ったお口のトレーニングは「反対咬合を自分で治す方法」として紹介されていますが、下の歯が引っ込む効果は保証されていません。

患者様の歯列の状態や噛む力はそれぞれ異なりますので、自己流でトレーニングをするとアイス棒を強く噛みすぎて、筋肉や歯根などに悪影響を与えるリスクがあるので要注意です。

患者様によって反対咬合になった原因はそれぞれ異なりますので、症状を改善するには、専門的な知識がある歯科医師のもとで、適切なアプローチで治療を受ける必要があります。

まずは、歯科医院にお子様の歯列の状態を診てもらい、反対咬合の症状を改善するお口のトレーニングや矯正治療について、相談してみることをおすすめします。

子供の反対咬合(受け口)を自分で治す危険性

反対咬合(受け口)には以下の2種類のパターンがあります。

①骨格的に顎が反対になっているケース

②前歯の傾きだけが原因のケース(交差咬合もしくはクロスバイトと呼ばれます)

上記の2の場合、前歯の傾きを正しい位置に戻すために、木の棒を使って自宅で治していた時代があったかもしれませんが、1の場合は根本的な改善は不可能といえます。

木の棒を使って自己流でトレーニングをすると、力をかける方向や力加減を間違えて、歯や顎を痛めたり、逆に反対咬合の症状が悪化するリスクがあるので要注意です。

歯は歯医者で歯列矯正を受けなければ簡単には動かない、というイメージがあるかもしれませんが、実際は日常的な習慣によって、弱い力でも意外と簡単に動いてしまいます。

自己流のトレーニングによって間違ったやり方を続けてしまうとリスクが高く、余計に症状が悪化する可能性がありますので、自己判断でトレーニングするのはNGです。

子供の反対咬合を改善するには、まずは歯科医院に診てもらい、反対咬合(受け口)もしくは交差咬合(クロスバイト)の症状があれば、適切な治療を受けることをおすすめします。

子供の反対咬合(受け口)は自然に治る?

Underbite dental occlusion, vertical face growth. Kids mouth with a too big mandible and high smile line or gummy smile before the orthotropics or orthotropics treatment. Vector illustration

乳歯が生え揃った時に、上の歯6本以上に反対咬合(受け口)の症状が見られる場合は、永久歯が生えてきても自然に治ることは難しいです。

ご両親のどちらかに反対咬合(受け口)の症状がある場合、子供に上下の顎のバランスが似てくるため、成長過程で下顎が過剰に成長したり、上顎は小さくなるケースが起こり得ます。

骨格的に問題がある場合、上下の顎のバランスが悪いため、歯科医院での矯正治療が必要です。重度の場合は外科的矯正治療が必要なケースもあります。

子供の反対咬合(受け口)を放置するとどうなるの?

子供の反対咬合(受け口)は子供のうちは可愛らしいチャームポイントに映るかもしれませんが、大人になった時に口元がコンプレックスになる可能性があります。

成長するにつれて発音がしにくい、滑舌が悪くなる、食べ物を十分に咀嚼できない、顎や歯が痛くなるといった口腔機能の低下にも繋がりますので、早めに対処する必要があります。

子供の反対咬合(受け口)は市販のマウスピースで治る?

最近は、ネット通販で矯正用のマウスピースが販売されており、多くの商品は3,000円前後のか価格帯となっていますので、自宅治療に使用される方もいらっしゃるようです。

しかし、市販のマウスピースは患者様一人ひとりの歯型に合わせて作られたものではなく、骨格的な問題で起きた反対咬合(受け口)の症状を改善することはできません。

歯科医院でのマウスピース治療はオーダーメイドで製作されますので、患者様のお口にピタリとフィットして、歯に適切な力をかけることができ、歯列が改善される効果が期待できます。

子供の反対咬合を改善するには、まずは歯科医院で歯並びの精密検査を受けて、適切な治療を受けることをおすすめします。

子供の反対咬合を引き起こす7つの悪習慣

子供の反対咬合は遺伝的な要因だけでなく、無意識に行っている悪い習慣も大きく影響します。

骨格的な問題がなければ、日常の悪習慣をなくすことで、反対咬合の症状が改善されるケースもあります。なるべく早めに悪習慣を改善しておくことが大切です。

①舌癖(舌で歯を触る、押し出す)

   日常的に舌で歯を押し出していると、歯が動いてしまいます。

 正しい舌の位置を覚えて、口まわりの筋肉を鍛える必要があります。

②指しゃぶり

 長期的な指しゃぶりは歯並びが悪くなる原因になります。

③口呼吸

 お口がポカンと開いている口呼吸は歯並びに悪影響を及ぼします。

 子供のうちに口呼吸から鼻呼吸に改善しましょう。

④食べ物をよく噛まない

 柔らかいものばかりたべていると咀嚼回数が減り、口周りの筋力が低下します。

 日頃から咀嚼回数を増やして、上下の顎の成長を適切に促す必要があります。

⑤爪を噛む

 爪を噛む癖を無意識に行っていると、歯が動いて歯列に影響を及ぼします。

 早めに改善しておきましょう。

⑥歯ぎしり

 歯ぎしりの癖は歯と顎に過度の力がかかって歯列が悪くなるので要注意。

⑦頬杖をつく

 頬杖を付くと、片方の顎に過度な力が加わって歯並びが悪くなります。

▽子供の歯並びが悪くなるのは遺伝的な要因だけではなく、日常の習慣も大きく影響します。

以下の記事で詳しく解説しています。

歯並びが悪くなる子供のクセ7選!歯科医が改善方法と予防策を解説
あわせて読みたい

子供の反対咬合(受け口)を治療する方法

Attractive little girl shows myofunctional trainer. Help equalize the growing teeth and correct bite, develop mouth breathing habit. Corrects the position of the tongue

反対咬合(受け口)は他の歯並びの症状に比べると治療の難易度が高く、治療期間が長くなるケースがありますので、まずは歯科医院で専門家に相談し、適切な治療を受けましょう。

小児用マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、自分の歯型に合わせて製作した透明のマウスピース型の矯正装置をお口に装着して、歯に適度な力を加えて歯列を治療する治療方法です。

食事や歯磨きをするときには、自分でマウスピースを取り外すことができますので、矯正中のストレスがほとんどなく、痛みや違和感が抑えられる点がメリットです。

反対咬合の症状が軽度の場合はマウスピース治療が適応されますが、重度のケースや多くの抜歯が必要な場合には適用できない可能性があります。

ワイヤー矯正(ブランケット矯正)

永久歯が生え揃う時期は個人差がありますが、大体11歳〜18歳(小学校高学年〜中学生)になります。

永久歯が生え揃ったら、歯にブラケットという装置をつけて、ワイヤーを通して歯列を治していく「ワイヤー矯正(ブラケット矯正)」の治療を受けることが可能です。

自分で矯正装置を取り外すことはできませんので、虫歯や歯肉炎にならないようにお口のケアを入念にする必要があります。

反対咬合の場合は、基本的に表側矯正が必要となりますが、見た目が気になる方には、矯正器具が目立ちにくい白いタイプの器具を選ぶとよいでしょう。

子供の反対咬合は早期治療が推奨されます

Beautiful brunette little girl wearing casual white t shirt doing happy thumbs up gesture with hand. approving expression looking at the camera showing success.

乳歯が生え揃って、前歯の6本以上に反対咬合の症状が見られる場合は、自然に治ることはほとんどありませんので、歯科医院で早期治療を受けることが推奨されます。

遺伝的要因によって反対咬合の症状が現れた場合、子供が成長過程において下顎が上顎よりも過度に成長してしまい、下顎が大きく前に突き出た「しゃくれ」になりやすいです。

低年齢のうちに矯正治療によって反対咬合の症状を改善しておけば、下顎の過成長を抑えて、上下の顎バランスを適切な方向へ促して、歯列を改善することができます。

また、子供の反対咬合を放置していると、前歯が噛み合っていないために、食べ物を奥歯で噛むようになり、奥歯が欠けるリスクも高くなりますので、早めに治療を受けると良いでしょう。

▽子供の反対咬合の早期治療の大切さは以下の記事で詳しく解説しています。

子供の受け口(反対咬合)矯正治療はいつから?小児矯正3つのメリット
あわせて読みたい

子供の反対咬合(受け口)のご相談は「abc dental」へお気軽にどうぞ

お子様の歯並びが受け口かな?と思ったら、大田区田園調布にある小児歯科・矯正歯科専門「abc dental」の無料カウンセリングをご利用くださいませ。

当院では歯並びが悪くなる日常の習慣を改善して、きれいな歯並びの土台を作る「口腔筋機能療法」を行い、歯列に悪い環境要因を取り除いていく方法を指導しております。

骨格的な問題がない場合は、マウスピース治療とトレーニングによって改善できることがありますので、まずは一度ご相談いただければと思います。

まとめ

小児矯正は子供の成長を利用しながら、歯並びが悪くなる原因を取り除き、永久歯がきれいに生えるための土台を作ることができるのがメリットです。

小児矯正のご相談は大田区田園調布にある小児歯科・矯正歯科専門「abc dental」までどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

東雪谷、南雪谷、雪谷大塚町、上池台、久が原、南馬込、北馬込、西馬込、東馬込、仲池上、北嶺町、東嶺町、西嶺町、池上、下丸子などのエリアからも通いやすい小児歯科医院です。