概要(叢生とは何か?)

叢生(そうせい)は、歯が重なったりねじれたりしている状態を指します。

子供たちの間で「歯並びが悪い」と言われることが多いこの状態は、主に顎のスペース不足によって引き起こされます。

歯が適切な位置に成長するためのスペースが不足していると、歯が重なったり、歪んだりすることがあります。

歯並びの凸凹(デコボコ)の原因について

歯が凸凹になる主な原因は、歯が生えるためのスペースが不足していることにあります。この問題には主に以下の2つの解決策があります:

  1. 顎を広げてスペースを作る:この方法は主に子供の時に効果的です。子供の時期には顎の成長がまだ活発で、顎を広げやすいからです。
  2. 歯を抜いてスペースを作る:これは大人になってからの方法です。成長が止まった後に行われることが多いです。

顎の成長と永久歯

前歯が生え変わる時期には、顎の成長は徐々にスローダウンし始めます。
そのため、永久歯が生える前の方が顎を広げる効率は良いとされています。
しかし、多くの場合、永久歯が生えてから凸凹が気づかれることが多いのです。

治療方法

子供の叢生の治療

叢生の治療は年齢によって異なりますが、一般的には若いほど効果的です。特に3歳から9歳の間は、顎の成長を促進する治療が有効です。拡大床(床矯正)やインビザライン、筋機能療法などが子供たちに適用されます。

インビザラインについて

インビザラインは取り外し可能なマウスピース矯正器具で、痛みや違和感が少ないため、特に子供たちに人気です。この治療は、歯をゆっくりと動かして理想的な位置に導くことを目的としています。

傾向として、

年齢が低いほど、効果が出やすく痛みも少なく抜歯のリスクも低いのが特徴です

期間

治療期間は通常2年から3年ですが、治療計画や子供の年齢、叢生の程度によって異なります。

早期治療は効果が高いとされています。

費用

治療費用は約60万円から100万円が一般的です。
これは年齢や叢生の重症度によって変動する可能性があります。
若い年齢での治療は医療費控除の対象となりやすく、年齢が上がるにつれて、美容目的での治療と見なされることが多くなります。
詳細な費用は歯科医師や担当スタッフにご確認ください。

【症例】子供の叢生(歯のガタガタ)を放置するとどうなる?