歯の成長と矯正の重要性

6歳~12歳、この年齢では、乳歯から永久歯への移行期で、歯並びや咬み合わせの問題が顕著になり始めます。
また、顎の成長がゆっくりとなるため、
この時期の矯正は、顎の成長発育も利用しながら、同時に歯を動かして治すことができるため
症例によっては、短期間で効率よく治療することが可能なケースもあり、非常に効果的です。

矯正治療の選択肢

  1. マイオブレース(Myobrace): これは、特に小児向けに設計されたマウスピース矯正装置です。マイオブレースは、歯並びを整えるだけでなく、正しい咬み合わせや顎の位置を育て、抜歯のリスクを減らすのに役立ちます。
  2. 拡大床(床矯正): 顎の形状を改善し、スペースの問題を解決するために使用されます。この方法は、狭い顎の子供たちに特に有効です。こちらも抜歯のリスクを減らす効果があります。
  3. インビザライン: 透明なアライナーを用いるこの方法は、見た目が目立たず、取り外し可能であるため、子供たちにとって非常に魅力的です。タイミングによっては、顎の成長を改善しながら同時に歯を動かすことが可能な装置でもあるため、非常に効率よく治療できる可能性を秘めています。

矯正治療の利点

  • 健康的な歯並びと咬み合わせ: 正しい咬み合わせは、食べること、話すこと、そして健康的な口腔環境をサポートします。
  • 自信の向上: 美しい笑顔は自信を育み、社会的な相互作用にプラスの効果をもたらします。
  • 将来の歯の問題の予防: 早期の矯正治療により、将来的な抜歯の必要性が減少します。

治療期間と費用

治療期間は年齢や重症度によって異なりますが、一般的には不正咬合の治療が1〜3年程度が目安です。

費用は低年齢であれば、約40万円から60万円程度で、年齢が上がると重症度が高くなることが多く100〜150万円と増える傾向にあります。
詳細な費用は歯科医師や担当スタッフにご確認ください。

まとめ

6歳から12歳は、子供たちの歯科矯正にとって重要な時期です。
早期発見と早期開始が抜歯のリスクを減らすこともあるため、歯並び相談や歯並び検査のタイミングは非常に重要です。